忍者ブログ

わらうられつ
あしのり
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
-
性別:
非公開
リンク
ふんわり
[02/28 ハル]
[02/27 松本]
[02/13 しっぽ]
[01/23 しっぽ]
[01/18 天使湯。]
ブログ内検索
バーコード
RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



表参道



新店のイメージをつかみたくて
自転車で青山へ まだ寒かった






よろこばれたい
それだけ




 
PR
・職場の波動というか情緒パターンとして.毎年1月はなにかある...前年11-12月の乱れの膿が放出するかのような激変.それを1年かけて癒す.安定しはじめる夏.安心する秋.嫉妬してかき乱れる冬.その繰り返し.掻きむしって傷を舐めて太らせている.

・上司君はたぶん.無駄を省いて数字をあげる.そのスタイルがたぶん邪魔...わたしは恐れている.....

・自分よりも秀でたものを認めて上手に使えること.これも管理職に必要なスキルだと思う.
 
・それよりも.この企業が上司君を失ったらどうなのだろう.うまくまわんない.と思う.わたしが上司君を失ったらどうなのだろう.がんばれない.と思う.



今日はあまりいい話できなかった
ひとの焦燥に照らされてすっかり感化されてる
不細工な顔をしたひとと呼吸すると
不細工な私になる 出過ぎたことばかり考える
あまりにもよくなかった

なにもできないくせに いろんなこと思案する
なにもできないから 愚痴に成って腐臭する

こういうとき物事を正しく浄化させることのできるひとを
4つめの瞳にすべきなのだ




たてつかない
疑問を感じない
何も言わない
波風たてない

それが上手にやってくひとつの方法だろう
できなかったら はじかれる たたかれる

何も感じない
何も発しない
そういうものになりたい

いま見える色を亡くしたい
わたしの表現の総てを殺したい

  
ここのところ真剣に仕事してる 休むという時間をなくしてる 昼休みもひたすら会社のこと考えてる 似合わず走ってる だからっていきなりスキルやペースがアップする訳じゃないし納品速度は変わらないし いつもと同じにオフィスを最後に出る毎日で わたしなんかぜんぜんダメだなあと思いながら遅く帰宅してソファでじっとして夜中に寝てる 今日ちょっとした機械がスネて壊れて修理しようと奮闘したら思いきり電池切れた デスクでいきなり眠くなった 睡魔の気配がなくてウトウトとかじゃなくて ぐぅわんと押しつぶされそうな眠りのオーラだった ノウミソは仕事してるのに体の眠りの部分が閉じてしまいそうな 不思議な感じ しまいにはぐらぐらふわふわしてきた 媚薬みたいな揺れで気持ちよくて てへっと笑ったら 上司君に心配された 今日は早く帰って寝てください と まじめにかなしい顔で言われた そのさまが優しくて痛かったので 上司君が責任感じてひりひりしてると思った 心配かけちゃったなと思った

だけどまだまだたりないと思った
ここではわたし生きてる





わたしが生きてることをころしたい



ちょっといい企画なのにプロモーションが足りなくてコケそうでメゲないで頑張って欲しくていろいろ案じて考えてたら運営サイトの一部をちょっとひねるってことを思いついて上司君に述べたら 怒られた 背後でビッククライアントが心待ちにしている製作物を急がなくちゃならない時なので 勝手なことされたら困る と ムゲに怒られて だけどこういう時のわたしは暴走したいもんだから 黙って言うこと聞いてりゃいいの!みたいな 受けとり方しそうなもんで どうしてもわかって欲しくて目の前で検証とかしたら激怒された キューン ...以降は黙ってコツコツとビッククライアントの仕事した 上司君ってかわいそうだなあ わたしみたいな部下がいて大変だなあと思いつつ ムゲに邪険に相手にされなかったこと ちょっとくやしかなしかったりして 仕事の総てが終わったときちょっと抗議したら 倍にして怒られた しっかりみっちり怒られた キューン。

怒られた訳だが
上司君がなぜ怒ったか解って
頑張ろうと思った


※わたしの優秀な発案はちゃんと使ってくれるそうだ
どのポイントで何をするかが 大事なのだそうだ
実際はムゲにされたわけではない。


わたしは自覚している以上に上司君に保護られて
フォローされまくりながら過ごしてるようだった
そのくせに自分のことしか考えてない
いろいろ見て感じてるようでいて
なんにも気づいてない









切実な想いと追求があって
それがばーんとぶつかってくるときの感じが好きだ
わがままみたいな まっすぐで傍若無人な言葉が好きだ
わたし けなされるのとか否定とか怒られるのきらいだけど
上司君の怒り方ぶつかり方は好きだと思う

恋愛関係にない男女の衝突って 本気でむきあうと収拾が難しい
いっそ恋愛にしてしまえば簡単なのだと思うほど難しい
いっそ抱きしめてしまえばおしまいなのだというほど難しい
そこをきちんと尊重しながら愛のある叱りを発する上司君の
わたしに対する丁寧さにいつも感動する

大事にされるってこういうことをいうんじゃないかと思う
わたしはきちんと求められてしあわせなのだから
それに相応しいものになろうと思った

仕事頑張る。



↑つまり上司君はわたしを使うのが上手だということだ
たいへん有能である わたしは恵まれてる 仕事頑張る。


 
  
忍者ブログ | [PR]

(C)ねことおやつ 2巻 / ブログ管理者 -
Blog Skin by TABLE ENOCH